フリーランスの悩みは営業と作業のバランス

フリーランスとして独立した初期には従業員を雇う余裕がないのが一般的です。ある程度の大きさの安定した収入が入る目途がたたない限り、自分自身が食べていく分を稼ぐことに集中するのが無難でしょう。

しかし、その収入を得ていくまでの過程では、大きな悩みに直面することになるでしょう。その悩みとは、営業活動にかける時間とサービス等の準備や実際のサービス等を行う時間のバランスの取り方です。独立するまで会社員として働いていた人であればなおさら強く感じることでしょう。

収入を得るためには、顧客からの注文をとらなければいけませんし、販売促進や宣伝も考える必要があります。しかし、営業という仕事自体も本腰を入れなければうまくいかないものです。そのため、本気でやる場合にはかなりの時間を投入しなければなりません。しかし、営業にかける時間が多くなれば必然的にサービスの準備や提供にかける時間が少なくなってしまいます。このジレンマが、フリーランスで仕事を始めた初期に感じる典型的な悩みの一つです。

これを乗り切るための方法は二つあります。一つは、寝る間を惜しんで働くというものですが、自営業は体が資本です。そのため、この方法は長期間続けることは無理でしょうから、短期的に勝負所でのみ使える手でしょう。もう一つの方法は顧客と自分の間に業者を入れるという方法です。手数料の支払いは必要ですが、営業活動にとられる時間をセーブできます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です